ENGINEER

田中 明日華ASUKA
TANAKA

高校時代の自分が憧れた
仕事を実現するために 2012年入社

希望を出して
夢の
IT仕事に一歩近づいた

高校でプログラミングの授業があり、「こんな自動システムが自分で作れるなんておもしろい!」と感動してITに惹かれるようになりました。都会で暮らしたいという夢もあり、福利厚生が充実していて寮もある点に魅力を感じ、入社を決めたんです。また、説明会でも「オペレーターからスタートできて、資格を取得しながらステップアップできます」と明確なキャリアプランを説明され、初心者の私でも活躍できる環境があることにも背中を押されました。

今は銀行のシステム管理をしています。少しでも不具合が出ると膨大な影響を与えてしまうので緊張感がありますが、ピリピリしているわけではなく、コミュニケーションしやすい職場です。もともとはオペレーターとして働いていましたが、「開発に近い仕事をしたい」と希望を出して、管理業務を担当するようになりました。まだプログラミングがメインの仕事ではないのですが、運用業務などで開発に近い仕事を任されるケースがあり、少し夢に近づけたんです。

最近は担当していたプロジェクトが無事リリースされ、ほっと一息つきました。作業に着手してから約1年かかった一大プロジェクトで、1秒で1000件近くの処理を行う大きなシステムです。そこに自分が携わるとなると大きな責任を感じますし、やりがいも感じますね。なかなか経験できない規模の仕事だと思います。

インタビュー イメージ 01

面談で夢を叶える方法を

教えてもらえる

やはり、開発業務に就くことが私の夢です。希望部署に行けるかどうかはだれもが気になるポイントかと思いますが、弊社では個人面談が定期的にあり、そこで上司に希望を伝えて相談することができます。

もちろん希望が通るかどうかは、マッチする仕事があるかなどタイミングにも左右されるのですが、自分の出した希望に応じて「こういう資格を取ったらいいんじゃない?」といったアドバイスをもらえます。すぐに希望通りに動けなくても、夢を叶えるための方法を明確に提示してもらえるので、夢に向かって努力できる環境があるんです。異動できないとしても、異動できない理由を説明されるので、納得できないことはほぼないですね。また、弊社にはたくさんの開発現場があるので、複数の現場を経験しながら力をつけていきたいです。経験すればするだけ知識も実力もつきますし、今後活躍できる人材に成長できます。

今の部署に異動して2年ほどで、私はまだまだ若手です。リーダーシップのある先輩もたくさんいて、後輩のことをよく見ています。ふとした時にアドバイスをもらうことも多く「私も早くメンバーを引っ張っていけるように、周りを見られる人になりたい」と思うようになりました。リーダー的業務に苦手意識を持っていたのですが、克服して苦手分野も得意分野に変えていきたいです。

インタビュー イメージ 02

就職活動中の
学生にひとこと!

《「やってみたい」と思える人なら適性がある》
知識がなくても、ITやプログラムに興味がある人であれば「もっと知りたい」という好奇心も湧いてくると思いますし、どんどん成長できる環境があります。反対に、興味を持って仕事をしていかないと浅い部分で成長が止まってしまうので、「やってみたい!」と感じた人は適性と伸びしろがある証拠。ぜひ飛び込んできてほしいです。

インタビュー イメージ 03