ENGINEER

増原 優YU
MASUHARA

人生の先輩となる
憧れの上司に出会えた 2014年入社

小さい頃からの夢だった
開発仕事

私はIT系の仕事に興味があり、学生時代は医学情報科で情報系の勉強をしていました。もともとパソコンやスマートフォンが好きで、0から1を生み出す仕事をかっこいいなと感じていたんです。ハードではなくソフト、内側の仕組みを構築することに憧れを抱いていました。システムの基礎知識を持っていたので、プログラム業務にも一切抵抗はありませんでした。

新卒で入社しましたが、当然ほかにも複数社検討していました。ただ、東京で仕事ができることや、ITに関する仕事ができること、そして福利厚生が充実していたことから自然と第一志望になりました。それに、同じ業界に入った友人も多くいるのですが、周りから「働きやすい会社だよ」といった良い評判を聞いていたんです。IT系やシステム系の会社だとなかなか自分の時間がとれない職場も多いので、きちんとワークライフバランスを保って仕事できる環境は非常に魅力的でした。

今はツール開発などの業務を担当していて、「これがあったら便利だな」といったお客様の要望を叶える仕事を行っています。もともとソフト開発に興味があったので、開発業務はまさに私の夢です。お客様の要望をヒアリングして設計書を作り、実際に課題解決できるプロダクトを生み出すことに一番やりがいを感じますし、役に立っている実感もあります。そこでお客様が「これすごくいいね」という言葉を掛けてくださると、心から喜びを感じますね。

インタビュー イメージ 01

客先でも尊敬できる
上司に出会える

お客様先に常駐することに抵抗を感じる人もいますが、私はそこでも尊敬できる上司に出会い、ビジネスパーソンとしての視座がひとつ上がったと感じています。こうした素晴らしい人との出会いは貴重で、仕事の醍醐味のひとつです。弊社の上司と常駐先の上司、ふたりの上司に恵まれました。

まず、弊社の上司は話を真摯に聞いてくれる人で、どんなに小さなことでも真面目に聞いてくれます。たとえば休暇申請を出す時も「これでいいですか?」と聞くとちゃんと答えてくれる人です。些細なことですが、こうした仕事外のことでも丁寧に対応してくれる上司はどんなコミュニケーションをおろそかにしない人だと感じます。

そして、常駐先の上司は常に余裕がある人です。とてつもなく忙しい営業の方ですが、いつも笑っていて、気さくに接してくれます。忙しいからとピリピリしたり、雑な対応をしたりしません。コミュニケーションスキルも高く、真面目な話をする時にはしっかりと向き合ってくださり、飲み会に誘っていただいた時にはプライベートの話を楽しくしてくれます。3児の父でもあり、ビジネスパーソンとしてはもちろん人生の先輩としても憧れています。

常駐先では開発部と営業部で部署が異なりますが、話す機会も多く社員同様に接していただいています。だからこそ他職種の上司とも仲良くできていますし、チームの一員として責任感を持って主体的に動けるんです。ひとつの会社にいながら、さまざまな職場での体験が積める仕事は珍しく、私にとって大きな強みになっています。

インタビュー イメージ 02

就職活動中の
学生にひとこと!

《熱中した経験が新しい仕事に活きる》
単なるイエスマンではなく、自分の意見を持っている人と働きたいです。意見をぶつけ合うのではなく「私はこう思うんですが、どうでしょうか?」と意見のすり合わせができる人が理想です。反対に、経験や専門知識はなくても大丈夫。私は学生時代に青春を捧げた野球の経験が今の仕事に活きています。熱中できることに精いっぱい打ち込み、自分の基盤となる力を培ってきた人ならどの現場でも活躍できますよ。

インタビュー イメージ 03